株取引準備5日目

入出金のページを探す

さて、証券口座への入金方法で「即時入金サービス」を使うことを前回お話ししました。

今回は、実際に入金するまでの手続きをご紹介したいと思います。これまたけっこうわかりづらいんです。

例えば、これはGMOクリック証券の画面ですが、

スクリーンショット 2015-07-20 20.33.25

いわゆる「マイページ」のところに、入出金の表示があります。

次に、こちらはマネックス証券の画面ですが、

スクリーンショット 2015-07-20 21.08.43

こちらは、トップページのタブに入出金の表示があります。

この入出金のボタンは、証券会社によってけっこう場所が異なり、意外と探すのが大変です。多くの場合、トップページ、マイページ、現物株式(または単に株式)のページにあります。どの画面でも入出金が表示されているところもあります。

いずれにせよ、サイトを探検してみる良い機会ですので、入出金の場所を探してみてください。何より、まずは一番最初にしなければならないことですからね。

実際に入金してみる

入出金のページさえ見つけてしまえば、あとは手順にしたがって「即時入金」を行っていくだけです。

どのようなネットバンキングを利用しているかによって、この先の手順は変わってくるので、説明は省略させていただきますが、例えばマネックス証券だと、

スクリーンショット 2015-08-03 22.48.25

このようなページで、入金指示ボタンを押すと、その下の図にあるように、自分の利用しているネットバンキングのサイトに移動します。そして、その先でその銀行での手続きを行います。前回お話ししました通り、即時入金サービスでは、原則として手数料はかかりません。

入金にかかる時間

即時入金サービスであれば、原則として証券口座への入金は即座に行われます。したがって、この手続きを済ませれば、すぐに株取引に進むことができるということです。

ただし、注意しなければならないのは、同じ即時入金サービスといっても、証券会社によって微妙に入金反映時間が異なっていたり、ネット上への反映にタイムラグがあったり、反映はされるが、実際の入金は翌日になる時間帯があったりと、色々と異なる部分もあるようですので、自分の利用する証券会社のシステムは、必ず把握しておくようにしましょう。「この株ほしい!」と思った瞬間に買うことができるよう、万全の準備をしておきたいですね。

なお、出金については、どこの証券会社も基本的に即時には反映されません。基本的には翌日、あるいは翌々日に、自分の銀行口座にお金が戻ってきます。

 

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。