【解説】IPO株とは

IPO株とは

スクリーンショット 2015-09-09 22.41.18

いよいよIPO株についての説明に入っていきたいと思います。

このページに直接来られた方は、先に「株とは」と、「上場とは」の記事を読まれた方が、以下の解説がすんなり理解できるかもしれません。

IPOとは、Initial Public Offeringの略で、日本語に訳すと新規上場株式といった表現になります。すなわち、その名の通り新たに上場する株式会社の株ということですね。

私が株取引に興味を持った頃、何よりもこのIPO株というものに惹かれました。それは、これが「ローリスク・ハイリターン」なものだからです。株に限らず、今どきそんなもの珍しいですよね。

めんどくさいから、という理由で手を出していない人も多いようですが、コツコツと積み重ねることにより、ほぼ確実に利益を出すことができるこのIPO株は、本当においしい話だと思います。みなさんも、ぜひとも挑戦してみてください。

なお、IPO株の売買は、未公開株詐欺という古くからある詐欺と違って、ちゃんと証券会社が間に入って行う公正な取引です。おいしい話だと言うと眉唾だと思われるかもしれませんが、逆にちゃんとIPO株の知識をつけることは、そういったおかしな詐欺にひっかからないための知識武装としても重要なことだと思います。このブログだけで不十分なところがあれば、適宜色々なサイトを参考するなどして、正確な知識をつけていただければと思います。

なぜお得なのか

では、なぜIPO株は「ローリスク・ハイリターン」と言えるのでしょうか。

どんな株でも儲かるときは儲かるし、損するときは損します。しかし、IPO株は損をする可能性が、儲かる可能性よりもかなり低いのが特徴なのです。

map-568197_640

まず、IPO株はまだ取引されていませんから、市場での株価はついていません。そこで、担当の証券会社が、一定の手続に従って最初の発行価格(公開価格)を決めます。ただ、これは一般的に低めに設定されています。ちゃんと発行する株を全部売りさばかなければいけませんからね。

一方で、IPO株が売りだされた後、市場で売買されて初めてつく株価(初値)は、ほとんどの場合、公開価格を上回ります。したがって、公開価格で買って初値で売るという作業をするだけで、ほぼ確実に儲かるわけです。

なぜ初値が上がるのか、詳しく説明していきます。

上場についての回でもご説明しましたが、株式会社が上場するのはけっこう大変なことです。厳しい条件をクリアしなければなりません。年にそう何社も上場できるわけではありません。IPO株というのは、そんな厳しい条件をクリアし、上場することが決まった株式会社の株です。例えるなら、東大に合格して、入学待ちの状態の高校生のようなものです。

ですから、もちろんまともな会社だろうという推定が働きます。また、勢いがある会社なんだろうという風にも思いますね。もしかしたら、日本の経済界の将来を背負うような大企業になるかもしれません。そんな投資家たちの期待値が、IPO株の初値を大きく上げるのです。期待値が株価に大きく影響するということは、株についての回でご説明しました。また、物の値段は需要と供給で決まりますが、IPO株は買いたい人が圧倒的に多いので、需要過多となり、それによっても株価は上がります。

一時は、IPO株で大儲け!といった時代があり、その頃は初値が公開価格の何倍にもなり、IPOバブルのような状態だったそうです。今はその頃に比べるとおとなしい状態で、初値が公開価格を下回る場合も増えてきたといいます。しかし、今でも初値が公開価格よりも高いことの方が圧倒的に多いのは事実です。

IPO株を入手する方法

IPO株がそんなおいしい株なら、それだけ買えばいいじゃないか。下手に既に上場している株なんか買わずに、IPO株専門でやるぞ!という風に思いませんか?

でも、みんなそう思うんですよね。

つまり、IPO株は超人気なので、普通に買うことはできません。普通の株は、異常に取引量が少なくない限り、買いたいと思った時に買えます。しかし、IPO株は需要過多なので、ほしいと思っても普通には買えないのです。

なので、IPO株を買うには、まずはその権利を得るための抽選に参加しなければなりません。

そして、抽選に参加し、見事当選することができれば、晴れてIPO株を購入することができるのです。その後は、公開価格で買い、その会社の上場にあわせて初値で売ってしまえばいいだけです。結局のところ、この抽選に参加する、という部分だけがIPO株独特のシステムというわけです。

lottery-146318_640

ちなみに、IPO株の抽選に参加することそのものは、完全にノーリスクです。手数料など一切かかりません。ですから、本当に参加しないと損です。抽選の参加方法などは、次回以降にご説明していきますが、特に難しい手続はなく、単に証券会社のホームページからボタンをクリックするだけのことです。

もちろん、当選後の売却の時点ではノーリスクではないことは前述しました。IPO株とはいえ絶対に上がるわけではありませんからね。ただし、かなりローリスクであることは事実です。どのくらいの確率で上がるか、といった気になる内容も次回以降ご説明したいと思います。

 

というわけで、次回以降はIPO株の当選確率、初値上昇確率、上昇率、抽選参加方法などを解説していきたいと思います。

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。